スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

冬の時期のロンドン旅行の心得

冬でもロンドン旅行を快適にすごすための心得をご紹介!

こんにちはロンドンナビです。
イギリスの冬と聞くとなんだか日本よりも寒いイメージがありますよね?実はイギリス、ロンドンの冬はもちろん年によって変動はあるものの日本の関東の冬とさほど変わらない寒さなんです。ただどんよりとくもり空の日も多く、日が当たらないために余計に寒く感じてしまうという罠も。
そこで今回は冬のロンドンを楽しむための心得をご紹介していきたいと思います。

カイロは常備するべし!

ロンドン観光となると外を歩き回ることが多くなります。そこで絶対におすすめしておきたいのがカイロを持ってくること!ロンドンでは日本式に使い捨てカイロを手に入れることが難しく、気軽に買うことはできません。ということで貼るタイプやポケットにいれておくタイプなど「少し多いかな?」と思う位持ってきておいて損はありませんよ。

靴は防水加工しておくべし!

冬の寒い時期、女性のかたならムートンブーツを履いてこられる方も多いでしょう。ただロンドンの天気は変わりやすく、突然雨に降られてしまうこともしばしばあります。そんな時に防水加工のされていない靴だと靴の中まで濡れてしまい風邪を引く原因になってしまうことも。冬のロンドン、温かい靴はおすすめですが防水加工のスプレーをふっておくか、もともと防水タイプになっているタイプのブーツが◎

トイレがある場所でかならず行っておくべし!

もともとロンドン市内には公共トイレの数が多くありません。冬は特にトイレも近くなりやすくなる人も多いでしょう。美術館や博物館、カフェでお茶休憩した際などにかならずトイレに行くようにしましょう。

便座シートの持参はおすすめ!

ロンドン市内のホテルは3つ星以上でも保温機能付きのトイレにお目にかかることはほぼありません。寒い冬でも冷たい便座に座らなくてはならないわけですが、貼るタイプの便座シートを持ってきておくと割と役に立ちます。観光中に持ち歩くは難しいかもしれませんが、滞在先のホテルで利用することは問題ないはず。特に年配の方との旅行の場合はある方が良いです。

冬季営業時間に注意するべし!

冬の期間は美術館や博物館、植物園、公園などが早く閉まることが多いです。また野外で行われているマーケット等もガイドブックやホームページに記載されている時間よりも早く店じまいを始めることもしばしばあります。朝の開館時間は1年通して同じところが多いので、冬のロンドン旅行は朝早めにスタートするほうが良いでしょう。

冬限定のマーケット会場ではスリに注意!

ロンドン市内にはクリスマス前から新年にむけてハイドパークには毎年『ウィンター・ワンダーランド』という大きな遊園地とマーケットが登場し、ビッグベンを望むことが出来るサウスバンクエリアにもクリスマスマーケットが登場します。これらの会場ではスリが多発するので注意してください。基本的にどちらも現金のみしか利用できないため、スリたちはみんなが現金を持ち歩いていることを知っているからです。

サーモボトルを持ってきておくと◎

外を歩き回る際に温かい飲み物があると体を暖かく保つことが出来ます。そこで保温機能付きの水筒を持ってきておくととても便利です。朝、ホテルで日本茶を詰めておくのもよし、観光前にカフェによってコーヒーや紅茶を詰めてもらうもありです。

フードつきのコートはかなり使える!

風が強い日も多ければ突然雨が降り出すことも多いのがロンドンのお天気。そんなロンドンの冬に一番使えるのはフードつきのコートです。フードをかぶるだけで雨風を防ぐことができるのでとても便利。ただ視界が狭くなってしまうので交通量の多いところでは気を付ける様にしてくださいね。

いかがでしたか?冬のロンドンはイルミネーションも美しく、観光に悪くない時期でもあります。そんな冬場にロンドン旅行を快適にすごすための心得をご紹介してみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
以上、ロンドンナビでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-11-25

ページTOPへ▲

その他の記事を見る