スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

楽しく美味しく♪ ロンドングルメ10の心得

ご飯がおいしくないなんてもう昔の話!これさえ押さえておけば楽しく美味しく旅行が出来る!

こんにちは、ロンドンナビです。

旅行の醍醐味と言えば、観光してその土地のことを知ることはもちろん、その土地のおいしいご飯も楽しむことですよね。
「ごはんがおいしくない国」としてかつては君臨していたイギリスですが、それはもう昔の話!実際は今、ロンドンは色んな食事が楽しめるヨーロッパ最強の街なんです。
今回はロンドン旅行を楽しく美味しく過ごすための、ロンドングルメ10の心得をご紹介します。

心得1:イギリス名物を必ず食すべし

イギリス料理と言えば、一番有名なのはフィッシュアンドチップスなのですが、それ以外にも色々とあるんです。
シェパーズパイ、ソーセージアンドマッシュなどなど、ランチやディナーとして楽しめるモノはもちろん、朝ごはんにしてはかなりのボリューム、イングリッシュブレックファーストまで名物はさまざま!

心得2:マーケットフードを楽しむべし

ロンドン観光プランの中に、マーケットへでかける予定を入れている方も多いと思います。アンティークマーケットにしかり、ヴィンテージマーケットにしかり、必ずそこにあるのはフードの屋台!
レストランではチップやサービスチャージなる追加料金を取られることが多いですが、マーケットならそんな心配もご無用。チーププライスで、おなかいっぱい食べることができます。ちなみに、マーケットフードは世界各国の料理を楽しむことができるので、聞いたことのない国の料理に出くわすチャンスも!

心得3:行列が出来ているお店は間違いなくうまい

レストランの数が、公園を走り回るリスの数よりも多いのではないか?!と思えるほど多いロンドン。その中にはもちろんあたりとハズレがあります。
しかしここでお話しておきたいのが、とてつもない数のレストランがある中でもひときわ行列が出来ているお店は、間違いなく美味しいということ。行列が出来る理由は、ロンドンで発行された雑誌やウェブサイトで「美味しい」と紹介された店が多く、ロンドン子たちがこぞって並ぶからです。

心得4:お持ち帰りフードを公園で楽しむべし

飲食店に行くと、かなりの確率でお持ち帰り(テイクアウェイ)が出来るロンドン。
テイクアウェイにすることで、マーケットフード同様、チップやサービスチャージを払う必要はありません。お天気の良いお昼間はもちろん、サマータイムは夜10時くらいまで明るいので、気になった飲食店のお持ち帰りフードを公園でゆっくりと楽しんでみては?

心得5:スーパーマーケットの菓子パンのクオリティを試すべし

スーパーマーケットのパンコーナーに行くと、様々な種類の菓子パンをゲットすることができます。
実はイギリスの菓子パンのクオリティ、かなり高いんです。しかも安いというおまけつき。アップルパイやドーナツなどの菓子パンはもちろん、マフィンなんかも4つで100円程度で買うことができるので、イギリスの菓子パンクオリティ、是非トライしてみてください。

心得6:レストランに困ったらホテルのフロントに尋ねるべし

「滞在しているホテルの近くで食事がしたいけど、どこに行けば良いかわからない」。そんな時に頼りになるのが、そのエリアで働いている人達の意見です。
ホテルのフロントで働いている人たちはそのエリアについて詳しく、ランチやディナーを安くて美味しく食べることができる場所を知っている確立は高いです。ということで、困ったらフロントのスタッフに『Do you know some nice and cheap restaurant near hear?(このあたりで安くて美味しいレストラン知ってますか?)』と聞いてみましょう。

心得7:チップを支払うかどうかは、お会計時のレシートで確認

最近では、ほとんどのレストランで「Service charge(サービスチャージ)」なるものを取られます。
これは強制的なチップのようなもので、基本的にお会計の際にすでに10~12.5%上乗せされていますが、もし渡されたレシートに書かれていない場合はお会計の10%チップを払うようすると良いでしょう。
ちなみに、サービスがあまりにもひどかった場合は払う必要はありません。

心得8:EAT-INとTAKE AWAYの価格の違いをチェック

特にファーストフード店やカフェなどは、お店に入ってコーヒーを飲んだり食事をしたりする場合(EAT-IN)と、お持ち帰り(TAKE-AWAY)の価格が違う場合が多いです。
もちろんですが、EAT-INの場合は少し高い金額を払わなければいけません。表示されている価格表のところに記入されているので、確認した方がよいでしょう。注文をする際に、お店で食べるかお持ち帰りにするか聞かれますので、その時にちゃんと伝えるようにしましょう。

心得9:アフタヌーンティーを楽しむべし

せっかくイギリスに来たからには試してみたいアフタヌーンティー。
ロンドンにはホテルで楽しむ本格派アフタヌーンティーから、カフェで気軽に楽しめるアフタヌーンティーまで価格帯はさまざま。アフタヌーンティーのコースには、サンドイッチやケーキ、スコーンなどかなり盛りだくさんに含まれているので、ランチ感覚で臨んでもいいでしょう。
また、アフタヌーンティーはいらないけど、有名ホテルのラウンジの雰囲気を楽しみたい方には、紅茶とスコーンのセット『クリームティ』がおすすめ。価格帯も安く、おやつタイムにぴったり。

心得10:イギリススイーツを堪能せよ

日本ではあまりお見かけしない、イギリスのカップケーキ。マフィンの上にバタークリームがホイップされているミニケーキです。
見た目の可愛さは世界最強なのですが、甘さのパンチも世界最強レベル!甘党の方は間違いなくトライするべきでしょう。写真の被写体としても◎
また、イギリス国産のオーガニックチョコレートなどもスーパーマーケットに充実しているので楽しんでみて!日本ではお目にかかれないフレーバーもたくさんありますよ!

いかがでしたか?
これら10の心得さえ知っていれば、ロンドン旅行のグルメは間違いなく楽しめるはず!是非あなたの楽しく美味しいロンドン旅行にお役立てください。
以上、ロンドンナビでした。
関連タグ:グルメ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-06-11

ページTOPへ▲

関連記事

楽しく賢くお買い物♪ ロンドンでショッピング10の心得

楽しく賢くお買い物♪ ロンドンでショッピング10の心得

ロンドンで楽しむショッピング10の心得を知っておきましょう!

楽しいロンドン旅行にするための10の心得

楽しいロンドン旅行にするための10の心得

ロンドンでの旅をより楽しく、豊かにするための「10の心得」を伝授します!

その他の記事を見る