スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ロンドンの行列が出来るお店特集!

ロンドンの街中に突如現れる大行列。その秘密を調査してみました!

こんにちは、ロンドンナビです。
ロンドンの街を歩いているとよく見かける大行列。「行列が出来ているお店にはなにかあるはずだ!」と現地の暮らす人たちはもちろん観光客も詰め寄って更なる大行列を作り出すわけです。
今回はそんな、ロンドンの街中、はたまたマーケットで大行列が出来ているお店を調査してみました。
それでは早速行ってみましょう!

美味しいハンバーガーめがけて!

Patty & Bun(パティ アンド バン)

ロンドンの中心部、オックスフォードサーカスからマーブルアーチ付近のメリルボーンと呼ばれる地区にはショッピングはもちろん、レストランやカフェも目移りしてしまうほどの数が存在します。
オシャレなレストランが混在する通りとして有名な、ボンドストリート駅近くのJames Street(ジェームズストリート)。ここに常に行列が出来ているお店『パティ アンド バン』が! ジューシーなイギリス産のお肉とフレッシュな野菜を使ったハンバーガーがロンドン中の人達を魅了している人気店。
座席数が少ないので、お持ち帰りをお勧めします

こんなオシャレなラーメン屋みたことない!?

Tonkotsu Bar & Ramen(トンコツ バーアンドラーメン)

オシャレなレストランやカフェ、バーなどがひしめき合うソーホー地区は実はラーメン店の激戦区でもあるんです。そんな激戦区の中でも飛びぬけて人気の高いお店が『トンコツ バーアンドラーメン』。
現地に暮らす日本人はもちろん、ロンドナー達からも大絶賛のこのラーメン屋。味はもちろんのこと、日本のラーメン屋のイメージを覆すオシャレさが◎! ハウスミュージックが流れるなか食べるラーメンは、「外国にいるんだなあ」という気持ちを味わえるはず。常に行列は出来ていますが、わりと回転は速いので少し待てばOK!

ロンドンのコーヒー業界を牽引するカフェ

monmouth Coffee(モンマウス コーヒー)

今ロンドンで最も美味しいコーヒーが飲める店として人気を誇っているのが『モンマウス
コーヒー』。特に朝は、出勤前にここのコーヒーをゲットするために、長蛇の列が!チェーンのコーヒー屋とは比べ物にならない、美味しいコーヒーを提供してくれるこのお店は、現在ロンドンのコーヒー業界を牽引していると言われるほど。
ロンドンブリッジ駅近くの、食のマーケット・バラマーケットそばにあるカフェなので、食事時を外して散策途中に立ち寄るのがおすすめ!お店で使えるこだわりのお砂糖にも注目してみてください。もちろん気に入れば、コーヒー豆のお持ち帰りもOK!

マーケットフードも見逃せない!

Jamon Jamon (ハモンハモン)

ノッティングヒルで土曜日開催される、ポートベローマーケットにはアンティーク雑貨の露店はもちろん、フードの露店も沢山! 
その中でも常に行列をなしている露店がスペイン料理のパエリアを販売する『ハモンハモン』。実はロンドン市内に3店舗人気スペイン料理レストランを展開するお店の露店なんです。チキンとシーフードの2種類から選べ、その場で調理しているのでアツアツの美味しいパエリアをおなかいっぱい楽しめます。

Pad Thai(パッタイ)

リバプールストリートとショーディッチの間に日曜限定で開催されるブリックレーンマーケット。古着や日用雑貨、若手アーティスト達がこぞって露店を出す、地元っ子にはもちろん観光客からも支持を得ているこのマーケットは、フードの露店も充実。ロンドン市内のマーケットの中でも、フードの露店数ナンバーワンとも言われているこのマーケットでは世界各国の料理が楽しめるわけですがその中でも大人気なのが、タイ料理のパッタイの露店。
お店の名前の販売されているフードも『パッタイ』なのですが、焼きそばのタイ料理バージョン! 海老、チキン、野菜の3種類から選ぶことができ、辛さを注文することも可能。春巻きも販売されているので、一緒に楽しむのもあり◎

行列が出来るお店特集、いかがでしたか? 
「イギリスは食事がまずい」なんてジンクスがありましたが、それは昔の話!今やたくさんの美味しいお店がいっぱいあります。
特に行列が出来ているお店は試す価値あり。今回ご紹介したお店以外にも、行列が出来ているお店があれば是非トライしてみてくださいね!
以上ロンドンナビでした。
関連タグ:カフェマーケット

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-04-02

ページTOPへ▲

その他の記事を見る