スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ナビが選ぶ! ロンドンに来たら訪れるべきスポットBEST10

ナビが選んだ、ロンドンの必見スポット10選です!

こんにちは、ロンドンナビです。
きょうは、「ナビが選ぶ! ロンドンに来たら訪れるべきスポットBEST10」について紹介します。
独断と偏見で、観光スポットをピックアップ。ナビの好みで選んだベスト10ですが、皆さんのロンドンめぐりの参考にしてもらえたらうれしいです。

訪れるべきスポットBEST10


【10位】ロープウェイ「エミレーツ・エア・ライン」
【9位】オープントップバスでの観光
【8位】オリンピックパーク
【7位】世界遺産「グリニッジ」
【6位】バッキンガム宮殿の衛兵交代
【5位】トラファルガー広場
【4位】大英博物館
【3位】ウェストミンスター橋
【2位】ピカデリー・サーカス
【1位】タワーブリッジ

【10位】ロープウェイ「エミレーツ・エア・ライン」

2012ロンドン五輪の周辺会場をつなぐために作られたロープウェイ。街中からやや離れていますが、ロンドン東部の金融街カナリーワーフの高層ビル群や室内競技場のザ・O2、ロンドン・シティー空港を出入りする飛行機なども見えて、意外と楽しめます。乗り場のあるノースグリニッジへは、市内からテムズ川の高速船「テムズクリッパー」を利用してみてください。
利便性:★★☆☆☆
独自性:★★★★★
感動度:★★★☆☆

【9位】オープントップバスでの観光

ロンドンの街中をオープントップバス(屋根のない二階建てバス)でめぐってみましょう。ロンドンでは3つの会社が市内の名所をつなぐルートで運行しており、1度切符を買うと24時間有効なので、途中の乗り降りや、気に入った場所を2度訪れることも可能。遊覧船やウォーキングツアー参加の無料特典も付いていますから、お得度も抜群ですよ。ぜひ試してみてください。
利便性:★★★★☆
独自性:★★★☆☆
感動度:★★★☆☆

【8位】オリンピックパーク

2012年夏に行われたロンドン五輪のメーン会場です。内部はまだ改築が進んでおり、自由に出入りすることはできませんが、外からスタジアムを望むことができます。ナビのオススメ展望スポットは、隣接するショッピングセンター「ウェストフィールド・ストラットフォード」にある百貨店ジョン・ルイスの3階か、DLRプッティング・ミル・レーン駅近くの公共施設「ビューチューブ」の2カ所です。
利便性:★★☆☆☆
独自性:★★★★★
感動度:★★☆☆☆

【7位】世界遺産「グリニッジ」

ロンドン南東部のテムズ川沿いにある世界遺産。大英帝国の海運を支えた数多くの施設が残っています。必見は、世界の標準時の基準となっている王立天文台(グリニッジ天文台)と、19世紀にアジア産の紅茶を運んだ帆船「カティサーク」の2つ。街の一角には、食べ物や雑貨の屋台が並ぶグリニッジマーケットもあります。
利便性:★★☆☆☆
独自性:★★★★★
感動度:★★★★☆

【6位】バッキンガム宮殿の衛兵交代

衛兵交代は、初のロンドン滞在なら必見のイベントでしょう。赤い制服に黒い帽子をかぶった衛兵さんたちが隊列を組んで交代します。ただ、季節によっては隔日実施なので要注意。始まるのは11時ごろですが、前の方で見たければ早めに出かけて場所取りを!
利便性:★★★★☆
独自性:★★★★☆
感動度:★★★★★

【5位】トラファルガー広場

週末には何かしらのイベントを催しているトラファルガー広場。ここからのビッグベンの眺めはなかなかのもの。広場の南西側にある石作りの門アドミリティーアーチをくぐると、その向こうにバッキンガム宮殿につながる通り「ザ・マル」がまっすぐ伸びています。
利便性:★★★★★
独自性:★★★☆☆
感動度:★★★☆☆

【4位】大英博物館

パリのルーブルと並んで、日本人が訪れたい欧州有数のMuseumです。見ておくべき展示物は、ギリシャの古代遺跡から持って来られた石の彫刻やエジプトから運ばれたミイラなど。最も有名なのは「ロゼッタストーン」と呼ばれる石碑でしょう。ちなみに、絵画コレクションが見たい、という人はトラファルガー広場に面する美術館「ナショナルギャラリー」を目指してください。日本人が好むゴッホやフェルメールの絵画も所蔵しています。
利便性:★★★★☆
独自性:★★★★★
感動度:★★★★☆

【3位】ウェストミンスター橋

「ランキングに、ビッグベンとロンドンアイ(観覧車)が入っていないのはなぜ?」と思われたかもしれません。ナビは、ロンドンのアイコニックな建物が眺められる場所として、ウェストミンスター橋を推すことにしました。
橋の上からのビッグベンの眺めは絵葉書のよう。振り向けばテムズ川の流れと、そしてロンドンアイが右手に見えますよ。ロンドンに着いたら最初に行くべき場所かもしれません。
利便性:★★★★★
独自性:★★★★☆
感動度:★★★★☆

【2位】ピカデリー・サーカス

ロンドンのおへそ、とも言えるピカデリー・サーカス。ここから弧を描いて伸びるリージェント・ストリートはロンドンきってのショッピング街。英国ならではの老舗ブランドを探すなら、サーカスから西に伸びるピカデリー(通り)や、平行して走るジャーミン・ストリートをチェックしてみましょう。
利便性:★★★★★
独自性:★★★★★
感動度:★★★★☆

【1位】タワーブリッジ

第1位を選ぶのにとても悩んだナビ。挙げ句の果てに?ピックアップしたのはタワーブリッジです。隣接する世界遺産「ロンドン塔」のイメージに似せて作った橋は、背の高い船が通るたびに開閉。それもまた観光客にとって必見のイベントです。「ロンドン橋落ちる」の同様で知られるロンドンブリッジは、上流側にひとつ上の橋です。混同しないように!
ナビが見つけた、タワーブリッジを眺めながら食事が楽しめるレストラン「ストラーダ」でのディナーは雰囲気抜群ですよ。
利便性:★★★★★
独自性:★★★★★
感動度:★★★★★
オススメを10項目に絞るのに苦労しました。それほどにロンドンには見どころがたくさんあります。滞在中に全部めぐるのはむずかしいかもしれませんが、ぜひ旅のプラン作りに役立ててくださいね。
以上、ロンドンナビでした。




上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-10-16

ページTOPへ▲

その他の記事を見る