スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ロンドンの市場・マーケット特集~フード編

ロンドンにもうまいものあり!食材専門のマーケットに出かけてみましょう。

こんにちは、ロンドンナビです。
「食事がまずい」「美味しいものがない」と言われ続けているイギリスですが、それはもう過去のことになりつつあります。
「グルメも楽しめるロンドン」に変わっている証拠を確かめに、きょうは食材専門のマーケットに出かけてみることにしましょう。

週末営業の食材マーケットへGO!

木金土曜に営業のバラ・マーケット

木金土曜に営業のバラ・マーケット

ドーバー海峡を渡った隣のフランスと違い、ロンドンの食材マーケットは「週末だけ営業」という場所がほとんど。なんとも歯がゆいですが、ロンドンの滞在がマーケットの開催日に当たっているなら、ぜひ出かけてみてください。
今回ナビが紹介するのは、観光客も多く訪れる「バラ・マーケット(Borough Market)」と、高級住宅が集まる一角にある「メリルボーン・マーケット(Marylebone Market)」の2カ所です。
日曜にしか開かないメリルボーン・マーケット

日曜にしか開かないメリルボーン・マーケット

週末は、こういったマーケットで美味しい食材をまとめてお買い物、それがロンドンで暮らす「食いしん坊」の習慣のようですよ。ただ、ちょっと残念なのはイギリス原産のものよりも、イタリア、スペイン、そしてフランスからの輸入品が幅を効かせていること。これら欧州大陸の「グルメの国」のものは、やはり美味しいと認めざるを得ません。
魚は見るだけでも…興味津々

魚は見るだけでも…興味津々

迷ったら、どんどん試食!

迷ったら、どんどん試食!

なんでもかんでも、まずは試食を!

樽に入ったオリーブは計り売り

樽に入ったオリーブは計り売り

売られている食材は買うつもりがなくても、どんどんトライしてみましょう。お店の人も次々と試食用に商品を切って並べてくれますよ。「おいしい!」の一言でお店の人と会話が始まることも楽しみのひとつです。
オリーブを売っていたお店では、いかにもビギナーのナビに一番食べやすいものを薦めてくれました。スーパーで売られている瓶詰めでは味わえない新鮮なオリーブ、ほかの味も試してみたくなりました。
オリーブオイルもこんなに味に違いがあるとは、驚きです。添えてあるパンを浸して食べてみると本当にびっくりです。
イタリアからはこんなチーズが届いてます

イタリアからはこんなチーズが届いてます

オリーブオイルにも様々な種類が

オリーブオイルにも様々な種類が

フランスのヨーグルトとプリン、美味!!

フランスのヨーグルトとプリン、美味!!

パンやスイーツのお店の前では思わず足が止まってしまいますよね。できることなら、全部食べてみたい。
オーガニックの乳製品は見るからに濃厚なミルクやバター、ヨーグルトが並んでいます。こんなバターでお料理を作れば、絶対おいしいものが出来るはず。
日本では八百屋さんで売られる野菜を見て「季節を感じること」が少なくなってしまったようですが、ロンドンの市場はどうでしょう?
定番の野菜に混ざって、旬の野菜たちが健気にがんばっている感じ。じゃがいもの種類の多さはさすがです。お料理によって使い分けるのでしょか?日本ではお目にかかったことのない野菜もありますね。どんな味がするのかな?
不思議な形のフィネル(ういきょう)

不思議な形のフィネル(ういきょう)

春を告げるホワイトアスパラ

春を告げるホワイトアスパラ

特にチーズは注目です!

チーズの種類の多さには驚き

チーズの種類の多さには驚き

マーケットでは日本では味わえない様々なチーズを自分の舌で試すチャンスですよ。
フランスから輸入されたチーズをフランス人が自ら売っているお店もある一方、イギリスの田舎で作られたチーズもあって、さまざまな味が楽しめます。
マーケットで気に入ったパンとチーズ、生ハムなどを買って、ホテルで味わうのもおしゃれですね。自分でサンドイッチを作って食べてみる、そんなこともマーケットの買い物で出来ますね。
焼きたてのパンは良い香りがします

焼きたてのパンは良い香りがします

こんなパンをホテルで味わうのもいいかも

こんなパンをホテルで味わうのもいいかも

なじみのないお肉もありますね

なじみのないお肉もありますね

見たことのない魚が並びます

見たことのない魚が並びます

日本へのおみやげも探してみては?

おみやげにもなる商品も。これは香辛料

おみやげにもなる商品も。これは香辛料

マーケットには、日本へのおみやげにできるものも少なくありません。ジャムやハチミツ、オリーブオイル、香辛料、お茶など。ただ、肉類は動物検疫の規則で日本への持ち込みはできません。ハムやソーセージがどうしても気になるという人もいるでしょうけど、ここはじっとガマンです。
もっと気になるのが魚。でもこれはさすがにおみやげにもホテルに持ち込むこともできないでしょう。日本人としては、どんなものが売られているのかチェック、フィッシュアンドチップスをオーダーする時の参考になるかもしれませんよ。
お料理の好きな人へのおみやげに?

お料理の好きな人へのおみやげに?

こんなお店の前は素通りできません

こんなお店の前は素通りできません

食事が出来る屋台もあります!

アイリッシュシチューの屋台です

アイリッシュシチューの屋台です

試食だけではさすがにお腹はいっぱいになりません。その場で食べられるものを売っている屋台を探してみましょう。
バラ・マーケットには、本格的なレストランが場内に作られている他、食べ物屋台のスナックを売り物にしている肉屋さんや魚屋さん、乳製品のお店などが見つかります。
ラム肉と野菜をビールで煮込んだ「アイリッシュシチュー」、巨大なフライパンで湯気をあげているパエリアもそそられますね。ジュージューと音をたてて焼いたお肉やパテを挟んだバーガーも見逃せません。チョリソーとパプリカを挟んだバーガーを売っているお店も大繁盛です。
バーガーのパテを焼いています

バーガーのパテを焼いています

出来上がりはこんな感じ

出来上がりはこんな感じ

グリニッジにも足を延ばして…

グリニッジマーケットの入口です

グリニッジマーケットの入口です

その他、グルメのマーケットとしてナビがお勧めしたいのは、世界遺産にもなっている「グリニッジ・マーケット(Greenwich Market)」です。野菜や肉、魚といった食材そのものを扱っているお店は少ないですが、いわゆる食べ物屋台が多いので、さまざまな味が楽しめます。天文台などの見学のついでに寄ってみてはいかがでしょうか?

「イギリスはまずい」という印象が、市場に行ったおかげで「イギリスはおいしい」という感想に変わったら、ナビはとてもうれしいです。週末にロンドンにいたら、ぜひマーケットを訪れてみてください。
以上、ロンドンナビでした。



上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-04-05

ページTOPへ▲

その他の記事を見る