スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

イギリスのお菓子「スコーン」をご紹介します!

スコットランド発祥のお菓子、スコーン。ちょっとしたコツをつかめば、おいしいスコーンがつくれます。家でイギリスのおいしい習慣を楽しみましょう。

こんにちは!ロンドンナビです。今日は皆さんもよくご存知のイギリス菓子、スコーンをご紹介します。スコーンはスコットランド発祥のパン菓子。アフタヌーンティーはジャムとクロテッドクリームをたっぷりとぬって紅茶といただく、イギリスのおいしい習慣のひとつです。昔は平らなクッキーのような形をしていたそうですが、現在はかわいくふくらんだ丸い形が一般的ですね。スコーンは、ちょっとしたコツをつかめばご自宅でも簡単に作れます。ステキなアフタヌーンティーをお家で気軽にたのしんでみませんか!

スコーン(Scone)

材料:6~8個分
無塩バター   75g    
卵           1個          
牛乳     120ml 
●強力粉      260g   
●微粒グラニュー糖   50g    
●ベーキングパウダー 10g   
 
※オーブンは200度に温めておいてください。
※型は6センチ型を使用しています。

スコーンの作り方

オーブンを200度に余熱しておきます。

オーブンを200度に余熱しておきます。

材料はあらかじめ計って準備しておきます。

材料はあらかじめ計って準備しておきます。

1.●をボールに入れて混ぜます。

1.●をボールに入れて混ぜます。

2.そこへバターをいれてサラサラの状態になるまで手でまぜます。

2.そこへバターをいれてサラサラの状態になるまで手でまぜます。

※攪拌(かくはん)するまで!

※攪拌(かくはん)するまで!

3.牛乳と卵をいれ、まぜます。

3.牛乳と卵をいれ、まぜます。

※混ぜすぎないように!粉感が残るような感じでストップ。

※混ぜすぎないように!粉感が残るような感じでストップ。

4.打ち粉をした台で少しこねてひとまとまりにする※こねすぎないように注意! 

4.打ち粉をした台で少しこねてひとまとまりにする※こねすぎないように注意! 


※印がポイントです。混ぜすぎない、こねすぎないというコツをおさえれば、ふっくらとスコーンが膨らみますよ!それでは型抜きをして、いよいよオーブンへ!
5.麺棒で1.5センチくらいの厚さにのばします。

5.麺棒で1.5センチくらいの厚さにのばします。

6.型でぬいて天板にならべます。

6.型でぬいて天板にならべます。

7.卵(分量外)をハケでぬります。

7.卵(分量外)をハケでぬります。

200度のオーブンで約12~15分焼き、あら熱をとったらできあがり! 200度のオーブンで約12~15分焼き、あら熱をとったらできあがり! 200度のオーブンで約12~15分焼き、あら熱をとったらできあがり!

200度のオーブンで約12~15分焼き、あら熱をとったらできあがり!

スコーンの食べ方

1.まずスコーンをナイフで横に半分にカット。

1.まずスコーンをナイフで横に半分にカット。

2.クロテッドクリームをたっぷり塗り

2.クロテッドクリームをたっぷり塗り

3.ジャムもたっぷりとぬります。

3.ジャムもたっぷりとぬります。

いただきまーす!もう半分のスコーンは重ねず、半分ずついただきます。クロテッドクリームやジャムは、一度自分のお皿に取り分けてからスコーンにぬるのがマナーなんだそう。もちろん、あつ~い紅茶の用意もお忘れなく!今回ご紹介したのはプレーンのスコーン。レーズンをいれるとフルーツスコーンになります。「作り方2.」でレーズンをいれて、アレンジを楽しんでみてくださいね!以上、ロンドンナビでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-08-17

ページTOPへ▲

その他の記事を見る