スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

お土産にロイヤル・ワラント商品はいかが?

エリザベス女王やチャールズ皇太子のお気に入りグッズをお土産にどうですか?

これは女王陛下の「お印」<br>バーバリーの店頭にて

これは女王陛下の「お印」
バーバリーの店頭にて

こんにちは!ロンドンナビです。皆さんはロイヤル・ワラントってご存知ですか?ロイヤル・ワラントとは、英国の王室に定期的に商品やサービスを納めているお店やメーカーに対し、王室から発行される納入許可証のこと。許可が「お印」となって、紋章を店頭に掲げたり、商品のパッケージに貼ったりすることが出来る制度です。「英国王室御用達」というほうがわかりやすいかもしれませんが、王室メンバーが好むグッズやアイテムに付けられたマークとも言えそうです。この「お印」を獲得するには厳正な審査があります。一度取得しても5年ごとに審査が行われ、場合によってはせっかく取得したワラントが剥奪されることもあります。百貨店「ハロッズ」もかつてワラントを持っているお店でした。故ダイアナ妃の事故が尾を引いているとも言われますが……。
こんなフツーのチョコが王室御用達!

こんなフツーのチョコが王室御用達!

「王室向けのお印」と聞くとなんだか高級なイメージを持ってしまいがち。たしかに、超高級ブランド品にも付けられていますが、ナビが紹介したいのはスーパーなどで売られる日用品や食料品など、手軽におみやげになるロイヤル・ワラントの数々です。例えば、「女王さまのお好きなチョコレート」を買うことも簡単です。同じおみやげでも渡す時にそんな由来を話すと、ちょっと箔がつくと思いませんか?

それぞれのワラントはこんな形

店頭に3つの「お印」を掲げる店も

店頭に3つの「お印」を掲げる店も

現在、ロイヤル・ワラントを付ける権限を持っているのは、エリザベス女王とその夫君エジンバラ公、そしてチャールズ皇太子の3人。それぞれに違った形の「お印」があります。エリザベス女王の紋章はイングランドの象徴のライオンとスコットランドのユニコーンが盾を掲げている形。エジンバラ公の紋章はデンマーク王室の血を引くギリシャの王子であることから、デンマークとギリシャの国旗をモチーフにしています。 また、チャールズ皇太子の紋章はエドワード6世から引き継いだもので、3本の鷲の羽がデザインされています。3つのワラントをすべてが付けられた商品やお店もありますよ。そういえば、2011年4月に結婚式を挙げ「ケンブリッジ公」となったウィリアム王子&ケイトさん夫妻にもいずれ独立した「お印」がさだめられることでしょう。
香水の「ペンタリゴン」店頭にて

香水の「ペンタリゴン」店頭にて

「トワイニング」の玄関にも「お印」が!

「トワイニング」の玄関にも「お印」が!

商品を手にしたらマークをチェック!

有名な「トワイニング」も女王陛下のお気に入り?

有名な「トワイニング」も女王陛下のお気に入り?

お店で品物を手に取った時にパッケージをよく見てみましょう。スーパーの食品売り場に並ぶジャムやチョコレート、紅茶やビスケットなどにもワラント付きの商品がたくさんあります。 英国にはジャムや蜂蜜の種類がとても多く、値段も日本とは比べられないほど安いです。ワラントマークがついているのは、ウィルキン&サン社のもの。重くて瓶詰めというのが日本へのおみやげとしてはちょっと不便ですが、味はおすすめです。
これはウイルキン&ソン社の蜂蜜

これはウイルキン&ソン社の蜂蜜

フランク・クーパーズのオレンジマーマレード

フランク・クーパーズのオレンジマーマレード

一般的なグラニュー糖にも「お印」が

一般的なグラニュー糖にも「お印」が

チョコレートにもワラントを持つ商品がたくさんあります。本来、王室メンバーの嗜好が漏れるのはいけないことなのですが、チョコレートメーカー「プレスタット」のラインナップの中で、エリザベス女王がお好みなのはバラとすみれ味とか・・・チーズとクラッカーといったごく普通の商品にもワラントが付けられています。女王陛下の好物と言われる「ブルーステルトンチーズ」と「クラッカー」にもそれぞれワラントが付いたものがあります。また英国みやげの定番、といえば紅茶。日本でもおなじみのトワイニングが女王陛下のワラントを付けています。そのほか、ワラントの付いたお菓子や食品もたくさんあり、チョコレートだけでなく、クッキーやビスケット、はたまた朝食用シリアルにも認定を受けた商品があります。

トイレットペーパーにもワラント?

「お印」付きのトイレットペーパー、「アンドレックス」

「お印」付きのトイレットペーパー、「アンドレックス」

食品だけでなく、さまざまな日用品にもワラントが付いています。石けんやシャンプー、家庭用の食器洗い洗剤はもとより、トイレットペーパーにも指定のブランドがあります。こういった日用品にもワラントが付けられるのは、王室や宮殿で使われている商品のほぼすべてに対し認証を与えていることになります。
食器洗い洗剤も御用達

食器洗い洗剤も御用達

高級石けんとして知られる「フローリス」

高級石けんとして知られる「フローリス」

店そのものがワラントというケースも

スーパー「ウエイトローズ」は2つ獲得!

スーパー「ウエイトローズ」は2つ獲得!

ワラントが付けられているのは商品だけではありません。王室に提供したサービスに対して個別にワラントが付けられることもあります。そういった企業では「店や企業そのものに対しワラントを承認」というケースもよくみられます。食品店・百貨店として、スーパーマーケットの「ウエイトローズ」、「フォートナム・アンド・メイソン」などがあります。 また、有名どころのファッションブランドの多くは、ワラントの承認を受けています。「バーバリー」や「アクアスキュータム」といった英国の定番ブランドのほか、高級紳士服にもワラント承認されたブランドがたくさんあります。
缶入りスープ「バクスター」<br>なかなかの美味です!

缶入りスープ「バクスター」
なかなかの美味です!

英国家庭には必ず1本<br>「HPソース」

英国家庭には必ず1本
「HPソース」

ワラント付きケチャップも

ワラント付きケチャップも

香辛料にまで「お印」?

香辛料にまで「お印」?

ホテルにもワラントが!<br>宮殿にほど近い「リッツ」

ホテルにもワラントが!
宮殿にほど近い「リッツ」

「紅茶やお菓子をおみやげにしたいけど、いろいろあり過ぎてわからない!」という人は、ワラントマークの有無で商品を選んでみてはどうですか?「王室御用達グッズがおみやげ」と説明したら、渡された人もきっと喜ぶことでしょう。以上、ロンドンナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-05-10

ページTOPへ▲

その他の記事を見る