スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

「青い貸自転車」でロンドンを巡ろう!

ロンドンのあちこちに設置されているレンタサイクル「青い貸自転車」で街を巡ってみましょう!

この「青い貸自転車スキーム」の正式名称は、<BR>「バークレイズ・サイクル・ハイヤー」と言います

この「青い貸自転車スキーム」の正式名称は、
「バークレイズ・サイクル・ハイヤー」と言います

こんにちは、ロンドンナビです。今日は、ロンドンの街中で利用できる「青い貸自転車」について紹介しましょう。この貸自転車は、まず「ある期間にレンタルするための契約料」を払ったうえで、実際に利用するときに「使用料」を払うというシステムになっています。たとえば、DVDのレンタルショップで「入会金」と「レンタル料」をそれぞれ払うという感じとイメージしたらわかりやすいでしょうか。

旅行者に便利な1日契約も

これが貸し出し用の自転車、重さは23キロもあります

これが貸し出し用の自転車、重さは23キロもあります

まず、利用する際には契約料を払わねばなりません。市民向けの「年間契約」もあるのですが、旅行者に便利な短期の「1日間」、「5日間」の契約もあります。契約は事前の予約などは不要です(ウェブで事前契約をしておくこともできますが)。利用し始める当日に、貸自転車駐輪場に設置されている端末で簡単に手続きできます。

まず、駐輪場を探そう!

駐輪場は約300〜500メートル間隔で設置されています

駐輪場は約300〜500メートル間隔で設置されています

利用するときはまず貸自転車の駐輪場に行きましょう。専用駐輪場には、貸出用の端末と周辺地図が取り付けられているバス停のような青い看板が立っているのですぐわかります。時間帯によっては、駐輪場にまったく自転車の「在庫」がないことも。そんなときは、周辺にある別の駐輪場に行くか、だれかが返しに来るまで待つことになります。
ときどき駐輪場から自転車が出払っていることも

ときどき駐輪場から自転車が出払っていることも

この専用車で自転車が駐輪場へと「配布」されます

この専用車で自転車が駐輪場へと「配布」されます

端末で契約料を払う

端末は駐輪場に必ず設置されています

端末は駐輪場に必ず設置されています

利用を開始する前に、所定の契約料を払います。短期契約の支払いで利用できるのは、ビザカードかマスターカード。現金や公共交通機関で使うオイスターカードでの支払いはできません。1日契約(24時間)は1ポンド、7日契約(144時間)は5ポンドとなっています。具体的な手続き方法は、写真の図解のようになっています。
(1)これが初期画面です<BR>\n<B>Hire a cycle</B>(自転車を借りる)を押します

(1)これが初期画面です
\nHire a cycle(自転車を借りる)を押します

(2)貸し出し約款が表示されます<BR>\n右下の<B>OK</B>を押します

(2)貸し出し約款が表示されます
\n右下のOKを押します

(3)クレジットカードをスロットへ<BR>カード保有者が契約済みかを確認します\n

(3)クレジットカードをスロットへ
カード保有者が契約済みかを確認します\n

(4)スロットは画面右側にあります

(4)スロットは画面右側にあります

(5)「カジュアルユーザー」向けの約款が表示されます<BR>右下の<B>OK</B>を押します

(5)「カジュアルユーザー」向けの約款が表示されます
右下のOKを押します

(6)契約期間を決めます<BR>
1日、または7日を選びます

(6)契約期間を決めます
1日、または7日を選びます

(7)何台分の契約を行うか選びます<BR>契約は1台ごとにかかります

(7)何台分の契約を行うか選びます
契約は1台ごとにかかります

(8)契約内容を確認します<BR>問題なければ、右下の<B>OK</B>を押します

(8)契約内容を確認します
問題なければ、右下のOKを押します

(9)もう一度、貸し出し約款が表示されます<BR>右下の<B>OK</B>を押します

(9)もう一度、貸し出し約款が表示されます
右下のOKを押します

(10)契約金の決済を行います<BR>スロットにカード入れます

(10)契約金の決済を行います
スロットにカード入れます

(11)テンキーに暗証番号を入れて待ちます

(11)テンキーに暗証番号を入れて待ちます

(12)決済が終わるまでカードは抜かないように

(12)決済が終わるまでカードは抜かないように

(13)貸し出し番号のレシートが印刷されます

(13)貸し出し番号のレシートが印刷されます

(14)レシートには5ケタの番号が書かれています

(14)レシートには5ケタの番号が書かれています

(15)ドックの左側にある「1、2、3」のボタンに5ケタの番号を入れます<BR>どの自転車を借りてもかまいません

(15)ドックの左側にある「1、2、3」のボタンに5ケタの番号を入れます
どの自転車を借りてもかまいません

使用料の決済は?

サドルの高さは自分で合わせましょう

サドルの高さは自分で合わせましょう

使用料は、駐輪場の「ドッグ」で自転車を引き抜いた時間からカウントが始まり、目的地のドッグに自転車を納めた時間に打ち切りとなります。なお、1回の使用で最初の30分間は無料。つまり、ある1日に「ちょこっと乗って、すぐ返す」という借り出しを繰り返しても、支払うお金は最初の契約料、1ポンドのみで済むわけです。
30分を超える貸出の料金は、以下のように時間が長いほど割高になっています。

・30分まで無料
・30分以上1時間まで 1ポンド
・1時間以上1時間30分まで 4ポンド
・1時間30分以上2時間まで 6ポンド
・2時間以上2時間30分まで 10ポンド
・2時間30分以上3時間まで 15ポンド
・3時間以上6時間まで 35ポンド
・6時間以上24時間まで 50ポンド

さあ、乗ってみよう!

自転車をドックから抜いて、いよいよ出発!

自転車をドックから抜いて、いよいよ出発!

案内に従って、ドックから自転車を引き抜いたら、いよいよ出発です。サドルの高さは自由に変えられますが、もし、タイヤの空気圧が極端に低いとか、ブレーキの効きが悪い場合にはすぐに別の自転車に乗り換えましょう。なお、乗り換えた場合、最初に機械から出てきた「暗証番号」は無効となり、もう一度クレジットカードを端末に入れて、新たに暗証番号をもらわねばなりません。

交通ルールを守ろう!

標識は街路のあちこちに出ています

標識は街路のあちこちに出ています

ロンドンで自転車に乗る場合の注意事項がいくつかあります。

1)歩道での走行は禁止

もし、歩道(横断歩道含む)を行く場合は、自転車から降りて手で引きましょう。

2)逆行は厳禁!

道路(左側通行)の左側につくられた、自転車専用レーンまたはバスレーンを走ります。その場合、逆行は厳禁とされています。もし、逆行した場合は、警察やバスの運転手などに厳重に注意されます。

3)できるだけ目立つ格好で

ロンドンでは自転車が車道を走ることになるため、できるだけ目立つ格好で乗ることをおすすめします。ふだんから日本で自転車やバイクに乗っていて、蛍光塗料が使われた反射材やビブス、ジャンバーなどを持っている人は持参した方がよいかもしれません。ヘルメットを日本から持参するのは荷物になって面倒ですが…。なお、これらのグッズは現地のスポーツ用品店、大型スーパーなどで安く手に入ります。
自転車は車道の左側を走ります<BR>バスレーンがあるところではそこを走りましょう

自転車は車道の左側を走ります
バスレーンがあるところではそこを走りましょう

信号では、自転車の絵が描かれた枠内で待ちましょう

信号では、自転車の絵が描かれた枠内で待ちましょう

突然、目の前にタクシーが止まることも

突然、目の前にタクシーが止まることも

二階建てバスに幅寄せされるのは正直怖いです!

二階建てバスに幅寄せされるのは正直怖いです!

指定個所以外での駐輪は禁止!

市内にはこんな看板も掲げられています

市内にはこんな看板も掲げられています

「青い貸自転車」は指定個所(専用駐輪場)以外での駐輪は禁止となっています(規則上は)。市内観光に使う場合、観光スポットの見学・参観中は、面倒でもいちど近くにある専用駐輪場に返却しましょう。

使い終わったら、しっかりドックに戻そう!

返すときはドックに前輪を差し込みます

返すときはドックに前輪を差し込みます

目的地に着いたら、自転車をしっかりドックへと戻しましょう。返還が完了するとドックの左側に緑のランプがつきます。また、そのあとに端末に契約で使ったカードを差し込むと、使用記録が画面に表示されます。ボタンを押すと、レシートも発行されますので保存しておきましょう(ただ、自転車をドックに戻すだけでも、課金時間はそこで終了となり、手続き上の問題はありません)。
しっかりと前輪を差し込んだら…

しっかりと前輪を差し込んだら…

ドックの右側の「緑ランプ」が点くのを確認しましょう

ドックの右側の「緑ランプ」が点くのを確認しましょう

利用記録を出力しておきましょう

(1)画面を触り、初期画面から「Print Journey Record」を選びます

(1)画面を触り、初期画面から「Print Journey Record」を選びます

(2)契約に使ったカードを入れます

(2)契約に使ったカードを入れます

(3)スロットにカードを差し込みます<br>暗証番号は不要です

(3)スロットにカードを差し込みます
暗証番号は不要です

(4)利用を始めた日時が表示されるので、そのボタンを押すとレシートが出ます

(4)利用を始めた日時が表示されるので、そのボタンを押すとレシートが出ます

2度目以降の利用は?

初期画面から「Hire a Cycle」を選んで、クレジットカードを入れると、貸し出し番号が出てきます

初期画面から「Hire a Cycle」を選んで、クレジットカードを入れると、貸し出し番号が出てきます

すでに契約済みで、2度目以降の利用の時は、クレジットカードを端末に挿入すると、貸し出し用の「暗証番号」が出てきますので、それを使ってドックから自転車を借ります。また、返す際も同様に、目的地のドックに自転車を収めたらOKです。

専用駐輪場は、2011年2月現在、ロンドン交通局(TfL)が定める公共交通機関の「ゾーン1」内に設置されていて、郊外への設置はまだ準備中です。駐輪場の場所は、端末やウェブページでチェックできますので、目的地付近の状況がどうなっているかよく確かめましょう。くれぐれも交通安全には気をつけてサイクリングを楽しんでくださいね。以上、ロンドンナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-02-18

ページTOPへ▲

その他の記事を見る