スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ビリングスゲート・マーケットでシーフードを買ってきました!

ロンドンの築地といわれている魚市場で買い物し、シーフード三昧の土曜日を過ごしてみました!お腹も心もいっぱい♪

こんにちは、ロンドンナビのマーボです。今日はビリングズゲート・フィッシュ・マーケットで買い物してきました!
ビリングズゲート・フィッシュ・マーケットはロンドンの築地とよく形容されるように、イギリスの内陸地では最大のフィッシュマーケット。世界各地より陸揚げされたシーフード2万5千トンが一年間に取引されているんですって。

金曜日だからもうちょっと飲みたいところですが、朝早くから始まるマーケットに向け、早めに就寝 ZZzzz…

土曜、朝。5時半に家を出て277番のバスに乗りビリングスゲート・マーケットへ出発です。

マーケットに到着!

バスを降りて、市場の門をくぐると、早朝にも関わらず、すごい人!今から行く人も多いけど、すでに買い物を終えて帰る人も多い。(早いよ!)しかもみんなとってもハッピー♪ やっぱり、普段簡単に手に入らないシーフードが新鮮で安く手に入るからでしょうか。

場内にはりま〜す♪

見渡す限りお魚!!!(って魚市場だから当然か。)こんなにたくさんの魚を見るのは本当に久しぶり。市場の中は、多くのお店がひしめいています。ギューギュウ。それぞれのお店に得意分野があるようで、イカだけを売っているお店、牡蠣だけのお店、貝類を取り扱うお店、魚のみ置いてあるお店、冷凍物を扱うお店などさまざま。お客さんの好みも千差万別で、混んでいるお店から、空いているお店。もう売り切れちゃって店じまいをしているお店などなど。

初めて来たので、とりあえず。品定めをしながら場内を歩きます。

ご購入1.
とはいっても、やっぱり気持ちが焦って、つい、ホタテを買ってしまった・・・。貝殻から出されて貝柱だけがパックにぎっしり詰まっているホタテです。手間がかからずすぐに調理されるから楽なんだけど、ヒモはどこにいっちゃうのでしょうか?(→イギリス人は捨てちゃうそうです。もったいない!)
イギリスのホタテは、日本のより味が濃厚でおいしいと評判。1kg=13ポンド。

ご購入2.
買い物継続。エビは、箱売りのところが多く、1kgというとかなりの量。お気に入りのサイズのエビを見つけてもなかなか買えません。
そんなこんなで、牡蠣を発見!アイルランド産の牡蠣は有名ですが、1個50ペンス。ドーセット産は20個で7ポンド。ということで、値段に負けてドーセット産ご購入。牡蠣の開け方をお店のおじさんに聞いたら、牡蠣用ナイフをつけてくれました!なんてやさしいの〜♪

ご購入3.
牡蠣のお店の向かいにアサリも発見し、1kg購入。8ポンド。

ご購入4.
そろそろ、荷物も重くなり、最終目的のエビを探します。
場内をひと通り見終わった後で、とても新鮮で希望の大きさエビがあったお店にまた戻ります。
ビリングスゲートマーケットは築地のように広くないので、初めて行ったところでも、目を付けたお店に戻れるという利点もあるんですね!
さて、エビを求め、お店の人といろいろ交渉をしていたら、なんとグラムで買えるではないですか!なーんだ早く言ってよー。ということでさっそく購入。500g=11ポンド。

ということで、本日目標にしていた食材全部購入です!

煮て食べようか、焼いて食べようか

帰宅し、購入したもの(一部)広げてみました。でもまだ朝の7時過ぎ。
普通の土曜日だったらまだ夢の中。なのに早速ホタテの刺身、いただきました。もちろん、白ワイン付き。(注。ホタテは朝にはちょっとヘビー・・・)
オレンジのタマゴたっぷり。味が濃くってしっかりしているから、パスタ用のソースを作ってみました。

その後、まさかロンドンで食べれるとは思ってもいなかったホタテの炊き込みご飯、しかもホタテまたのせちゃう。贅沢ね。

最後はバター焼き、やっぱりこれですね。おいしー!あまりにもおいしくて写真撮るの忘れました・・・。
残りは小分けにして冷凍です。
牡蠣は当然、生食!牡蠣を生で食べるという習慣、実はヨーロッパから来たようです。おじさんからもらったナイフで牡蠣の貝を開けてみました。はじめはなかなか難しい!手をしっかり保護して、怪我をしないように。レモンとタバスコをスパイスに加えてチュルっといっちゃってください。キリッとした、シュワシュワワインも忘れずに。これがやっぱり合いますね!とっても贅沢!
あさりは砂抜きをした後、酒蒸しに。今回はちょっと失敗だったので身を取り出し冷凍。栄養価を高め、アサリご飯を作ります。
そしてエビ。まず塩焼き。んんんんーー、文句なくおいしい。シンプルでエビの味がしっかりと味わえます。

続きましてはイタリアン風に。オリーブオイルをしいてフライパンで焼きます。パセリとガーリックは忘れずに。これもまたたまらない〜。
もちろん、残った頭と殻も使います。タマネギやセロリを入れてことこと煮込み、エビスープ。んんんー。これも美味。スープもたっぷり作れたので、残りは冷凍して、後日パエリア用に使いましょう!
早起きをしたにもかかわらず、あまりの興奮と感激の連続で仮眠どころではなくなっちゃいました。

お腹いっぱいになったら、散歩にいったり、水泳に行ったりと、なんとか摂取した栄養を消化しながら、シーフード三昧を夜まで楽しみました! こんなに満足のいく充実した日はロンドンではとっても貴重! 是非みなさんも魚市場に行って幸せになってください!以上ロンドンナビのマーボでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-05-08

ページTOPへ▲

その他の記事を見る