スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

マークスの愛称で地元の人から愛され信頼され続けている総合スーパー。サンドイッチだけでなく、旅行者にも強い味方に。

マーブルアーチにある旗艦店

マーブルアーチにある旗艦店

こんにちは、ロンドンナビです。
今日は、衣料品から食品、家庭雑貨までなんでも揃うデパート、マークス&スペンサー(M&S)についてご紹介しましょう。
125年もの歴史を持つだけあって、「マークス」の名で親しまれているM&S。割安ながらも品質の良さには定評があります。おみやげになる食料品や雑貨も多数。店舗を見つけたらぜひ一度のぞいてみましょう!

店舗形態は全部で3種類


M&Sの店舗形態は大きく分けて3通りあります。
・ マークス&スペンサー……繁華街にある大きな店舗。これは衣料品や食品、雑貨をそろえたデパートです。お店によっては、レートが良いことで評判が高い外貨両替所も備えられています。
・ M&Sシンプリーフード……デリ商品やスナックなどを中心に、食料品をメインに扱うスーパー。ナショナルレールの駅構内にある店舗はスーパーというより、コンビニに近い形態のお店となっています。なお、電子レンジなどで暖めないと食べられないデリ商品が幅を利かせているので要注意です。
・ M&Sアウトレット……一部の郊外店には、在庫品処分を目的としたアウトレット店が併設されているケースもあります。

デパート店内のジャンルは3つ


デパート形態を取る店舗の中は扱い品目によって大きく3つに分けられます。
・ 衣料品コーナー……M&Sはイギリスのチェーン店の中で、最も衣料品の扱い量が多い会社となっています。売り場は、女性用、男性用に区画が分かれており、さらにM&Sの自社ブランド別の売り場が作られています。
・ 家庭雑貨のM&Sホーム……キッチン用品や陶磁器、さらには家具や書籍などもここで扱っています。バースデーカードが安く売っていたりもします。
・ 食料品のコーナー……いわゆる食品スーパーの区画です。普通に果物や野菜、パンや牛乳、お菓子…といったように並んでいますが、一般的なスーパーよりチョイスが少ない感じがします。ところが、「最後にオーブンに入れたら完成」といった半製品のデリが充実しており、忙しい共働きの夫婦などに重宝がられています。

おみやげになるグッズはこれ!(食品編)


スーパーでありながら、全体的な品質レベルが割と高いため、食品のおみやげを探すならM&Sは要チェックでしょう。
ナビのおすすめは、ビスケットやクッキー、ショットブレッドなどイギリスの人々がお茶菓子として食べているような商品。非常に簡素な包装ながら、いかにもイギリスの味がする上、とにかく価格が安いとあって、おみやげにはもってこいです。チョコレートも高品質なベルギー製などが、割安価格で手に入ります。
また、紅茶やジャムなどもおみやげのラインナップになりうると思います。

おみやげになるグッズはこれ!(衣類編)


M&Sでは、上着からスーツ、カジュアルウェアに靴まで、さまざまな衣料品や履物を扱っています。ナビの狙い目は、ニット商品です。主にセーターが安いので感激。なんとカシミヤのセーターもお手頃価格で販売されています。また、下着のサイズや作りは日本人向きとの評判もあります。

PBしか扱わなかったM&S


M&Sはほんの1年前まで、販売されている商品のすべてが自社プライベートブランド(PB)しかありませんでした。食料品だけでなく、衣類や家庭雑貨全般がPBのみという、ある意味不思議な品揃えとなっていました。
ところが、これでは競合各社に負けてしまうとばかり、昨年から少しづつ外部のサプライヤーからの商品が店頭に並ぶようになりました。

シンプリーフードは空港にも店舗あり


コンビニともいえるM&Sシンプリーフードは、ほぼすべてのナショナルレールのターミナル駅に入店しています。また、ヒースロー空港のターミナル3、5にもそれぞれ店舗があります。
しかも夜0時近くまで開いているお店も多く、いざとなったときに心強い存在です。

ロンドンの街を歩けば必ずどこかで見つかるM&S。
デパートでもコンビニでも、時間のあるときにぜひのぞいてみてください。
以上、ロンドンナビでした。

記事登録日:2012-01-06

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-11-30

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

■英国の通貨、両替事情

■英国の通貨、両替事情

英国の通貨+ロンドンでの両替はどこで?