スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

トップ > 観光情報 > イングランド北西部

イングランド北西部の観光情報

イングランド北西部の観光情報情報をご紹介します。

25件が該当しました。

マンチェスター国際空港

イングランド北西部> ウィルムスロー

イングランド北部の空の玄関。欧州各地への直行便の他、日本からシンガポール、ドバイ経由で飛ぶことができます。一流航空会社も格安フライトも同じターミナルをつかって運航しています。

レイクサイド(湖水地方)

イングランド北西部> カンブリア(湖水地方)

ウィンダミア湖の南端の街。観光シーズンには、レイククルーズの人々でにぎわいます。SL保存鉄道はここから出ています。

レイクサイド&ハバースウェイト鉄道

イングランド北西部> カンブリア(湖水地方)

ウィンダミア湖から南に流れ出る川に沿って敷かれた保存鉄道。本物のSLが、ちょっと昔の客車を一生懸命ひっぱります。

オクセンホルム駅(湖水地方)

イングランド北西部> カンブリア(湖水地方)

湖水地方への入口となる駅。ロンドンとグラスゴーを結ぶ西海岸線の途中にあります。ここから、ウィンダミアへの支線が延びています。

ボウネス・オン・ウィンダミア(湖水地方)

イングランド北西部> カンブリア(湖水地方)

レイククルーズの拠点となる街。シーズンに入ると大勢の観光客で大賑わい。商店街や多数のホテルもあります。

湖水地方

イングランド北西部> カンブリア(湖水地方)

毎年たくさんの観光客が訪れる、英国随一の観光地。広さは2,300キロ平方メートルと、ひとつの県ほどの面積があります。

ヒル・トップ(湖水地方)

イングランド北西部> カンブリア(湖水地方)

「ピーターラビットのおはなし」の作者、ビアトリクス・ポターさんが晩年に住んでいた家。周辺には物語が書かれた当時のままの環境が残されています。

ウィンダミア駅

イングランド北西部> カンブリア(湖水地方)

ウィンダミア湖観光への拠点となる駅。超ローカル線という風情が存分に漂っています。駅舎内のスーパーものぞいてみましょう。

サウスポート

イングランド北西部> サウスポート

リヴァプールから電車で約40分。目の前にアイリッシュ海が広がる海岸沿いのプロムナードは散歩道として好適。プレミアリーグの試合の都合などで、リヴァプールのホテルが取れない時に宿泊先として検討してみては?

チェスター・カテドラル

イングランド北西部> チェスター

かわいいチェスターの街で歴史を感じさせる重厚な佇まいを見せています。石造りの建物の内部は、静寂さと荘厳な雰囲気に包まれています。

チェスター

イングランド北西部> チェスター

白壁に黒い梁の家々が立ち並ぶ、中世の面影を色濃く残した美しい街。ぐるりと街を囲む城壁をのんびり歩くのも楽しいですね。

ナショナル・フットボール・ミュージアム(マンチェスター)

イングランド北西部> マンチェスター

プレミアリーグの強豪2チームを擁すマンチェスターならではのサッカー博物館。サッカーそのものの歴史に始まり、伝説的な選手の紹介など、発祥の国だからこそ集められるさまざまな資料が展示してあります。

マンチェスター・ピカデリー駅

イングランド北西部> マンチェスター

かつての工業都市マンチェスターの鉄道の玄関口。ロンドンをはじめ、リバプールやスコットランド、リーズ、ニューカッスル、湖水地方などへの直行便が発着します。

チャイナタウン(マンチェスター)

イングランド北西部> マンチェスター

欧州最大級の中華街かも。香港の風情が濃厚に感じられる一角には、中華レストランや食材店などがずらりと並んでいます。

マンチェスター・メトロリンク

イングランド北西部> マンチェスター

「メトロ」と名付けられていますが、実は路面電車。マンチェスターの市民の足として、中心部と郊外を結んでいます。

マンチェスター

イングランド北西部> マンチェスター

19世紀の産業革命で開かれた英国第2の都市。サッカー・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)の本拠地として世界に広く知られている街。

リヴァプール

イングランド北西部> リヴァプール

「ビートルズ」のふるさととして世界中に知られる街。産業革命時代の建築物が街のあちこちに残り、市内の広い範囲がユネスコの世界遺産に指定されています。

リヴァプール・ライム・ストリート駅

イングランド北西部> リヴァプール

リヴァプールの長距離列車の発着駅。ロンドンから最短3時間半で到着します。地下には近郊電車「マージーレール」の駅があります。

テート・リヴァプール

イングランド北西部> リヴァプール

マージー川沿いの再開発地区「アルバートドック」にある近現代美術館。ロンドンのテート・ギャラリー、テート・モダンの姉妹館として、主に特別展を催しています。

チャイナタウン(リヴァプール)

イングランド北西部> リヴァプール

ヨーロッパで最古の中華街。リヴァプールが世界に冠たる港町だった19世紀後半に船員だった中国人が大勢定住したのが始まり、と言われています。 

ユーザー投稿スポット

もっと見る

THP 日本語で受けられるヒーリング
その他観光スポット, 複合施設/エリア / スピ娘

ユーザーアルバム

もっと見る

  • ヒースロー空港セントラルバスステーション

    m1045
  • ヒースロー空港セントラルバスステーション

    m1045
  • ヒースロー空港セントラルバスステーション

    m1045
  • ヒースロー空港セントラルバスステーション

    m1045
  • ヒースロー空港セントラルバスステーション

    m1045
  • ウィンザー城

    m1045