閉店・移転、情報の修正などの報告

海事都市グリニッジとして街全体が世界遺産に登録。天文台を中心にみどころいっぱいの美しい場所。

こんにちは、ロンドンナビです。今日はグリニッジにやってきました。1995年に海事都市として世界遺産に登録されたグリニッジは、見どころがたくさん。全て見るには一日たっぷりかけてみても足りないくらい!そんなグリニッジ、駅から天文台までのコースを案内しましょう。

まずはマーケットから行きましょう

こちらは水曜日から日曜日まで開催しているグリニッジ・マーケット、曜日によって出店しているお店が変わります。ブラジルのお肉料理、日本料理の天ぷら、イギリス人が大好きなバーガーなど様々な国の料理が食べられます。食事だけでなく、甘党も感激しちゃうかわいいスウィーツもたくさんあるんです!
人混みをかき分け奥に進むと、絵画やベビー服、洋服、ハンドメイドなど本当に多種多様な屋台がたっています。そして市場の周囲を囲むように屋台ではない通常の店舗が立ち並びゆっくりみていたら時間を忘れてしまいそう。

旧王立海洋大学

ツーリスト・センターの集合場所

ツーリスト・センターの集合場所

マーケットを出たらそのまま、旧王立海軍大学へ行ってみましょう。大きな門を通り美しい緑の敷地内を少し歩くと左手にツーリスト・センターのサインが出てくるので毎日定刻に開催される無料ツアーに参加される方はこのサインにそって正面の集合場所へ行きましょう。
この旧王立海軍大学はグリニッジを世界遺産の海事都市として語るときには必ず出てくる建物。テムズ川からみた左右対称の美しい姿には目を見張るばかりです。当初、負傷した兵士のために建てられ病院と呼ばれていましたが、精神的に癒される場所だったに違いありません。ペインテッドホールとチャペルが毎日無料で公開されています。
♦チャペル♦
ネオクラシック時代のギリシア風の建築物で、細部に至るまでとても美しく装飾され海のモチーフと調和したとても美しいチャペルです。天井は特に有名で多くのポスターなどに使われているんです。有名陶磁器メーカーのウェッジ・ウッドはこの天井からインスパイヤーを受けたんですって。しかもこの天井美しいだけではなく、音響効果としても高い評価を受けています。オルガンは日曜日の礼拝に演奏されているだけでなく、敷地内にあるトリニティー音楽院のコンサートなどがさまざまなイベントが開かれる場所として活躍しています。
♦ペインテッド・ホール♦
チャペルと対象的な場所にあるこのペインテッド・ホールは水兵が食事をするダイニングホールとして作られました。現在でもテーブルとイスがずらりと並び当時の雰囲気をうかがい知ることができます。なんといっても素晴らしいのがホールいっぱいに描かれた絵画。実はこれはだまし絵の技巧で描かれているんです。天井が見やすいように、鏡のテーブルがところどころに置いてあるのでじっくり絵画を楽しむことができます。

クイーンズ・ハウス

旧王立海軍大学を楽しんだらクイーンズ・ハウスに行ってみましょう。旧王立海軍大学から続くこのエリアは中世の時代グリニッジ宮殿がありました。ヘンリー8世やその娘のアン王女、エリザベス1世はこの宮殿で生まれ、ヘンリー8世はこの宮殿がとても気に入っていたようです。このクイーンズ・ハウスはその時代から残る唯一の建物。この建物で有名なのはチューリップ階段。螺旋状に続く階段は貝殻を覗いたように見えます。そしてグレート・ホールではいろいろな色の木材を使った木工細工が素朴ながらも手の凝った装飾で当時の豊かさをうかがい知ることができます。

国立海事博物館の海事ギャラリー

クイーンズ・ハウスを出たら国立海事博物館の海事ギャラリーに行ってみましょう。ここには海に関する様々なことが展示されています。館内には船の模型がどどーんと展示されていたり、船の操縦シュミレーションができたり、種類豊富な方位磁石や探険の歴史や大航海時代の展示がされていて興味深いものがいっぱい。現在普通に使われている砂糖やコショウ、たばこなどがイギリスにはなかったんだなー、なんて改めて思ってしまいます。

旧王立天文台

さて、国立海事博物館の海事ギャラリーを見たらグリニッジ公園を天文台に向かって歩きましょう!緑の中歩くこの道は晴れていたら最高の散歩道。坂がちょっときついですが慌てずに景色を楽しみながら歩くのもいいものですよ。
上のほうに天文台が見えてきました!

上のほうに天文台が見えてきました!

現在の世界の時間の基準になったこの天文台世界的にも有名ですよね!入口はぐるりと回って奥のほうから入ります。入口の門を右に進むとタイム・ギャラリーがあります。中庭にはイルカを模った太陽時計があります。見方がなかなか難しいですが読解できると現在の時間が太陽の光でわかるんです。ふむふむ・・・。
天文台は現在本来の役割を終了して博物館になっています。研究者の生活や天体を観察するときに使っていた天体望遠鏡や時間に関することなどの展示がされています。ロンドンの景色が望めるコートヤードでは東半球と西半球を区切る子午線がまたげます!ハイシーズンにはすごい列!
入口の門までもどり、そのまま奥に進みましょう。プラネタリウムのある天文学ギャラリーがあります。ロンドン唯一の天文台としてとても有名。ギャラリーの中には、太陽系に関するショートフィルムなどが展示されています。
世界遺産グリニッジ、いかがでしたか?テムズ川を眺めながら大航海時代に思いを巡らせたり、グリニッジの美しい自然を満喫したり、ショッピングを楽しんだり、プラネタリウムの星空を楽しんだりやることいっぱいのグリニッジ。楽しみ方は人それぞれ。よい思い出を作ってくださいね。以上、ロンドンナビでした。

記事登録日:2010-09-20

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-08-23

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ラーメン・アンド・ディム・サム

ラーメン・アンド・ディム・サム

グリニッジマーケットで有名な打ち立て手打ちラーメン。シェフの見事なパフォーマンスを見れば立ち止まります。